新しくロストワックス鋳造品を採用される場合には、鋳造に適した形状にする事により、 良い品物をより安く提供する事ができます。

1.形状の設計

急激な肉厚変化
シャープエッヂ
シャープエッヂ
シャープなコーナー

2.孔の設計

3.角部のR

4.最小肉厚

通常は、1.5mm 局部的には、0.8mmまで可能。

5.寸法公差

単位:mm
寸法区分
一般公差
限度公差
0〜25
±0.25
±0.13
25〜50
±0.40
±0.25
50〜100
±0.80
±0.50
100以上
±1%
±0.5%

寸法公差は直線度(曲り、そり)、真円度にも適用される。

6.角度公差